モンメンの日記

ダイアリーと区別の為、こちらはタイトルの♡マークをのけています。

はてな様と、うごメモへの感謝の気持ち

うごメモへのメッセージ

 

初めてうごメモと出会ったのは、冬の事だったと思います。

どうしてもDSILLが欲しくなってきて、

おばあちゃん達がくれたお小遣いを使って、

売っているお店へ行きました。

 

そして家へ帰ると箱を開け、さっそく電源を入れました。

初めから入っているいくつかのゲーム。

 

こうしていろいろと見ていると、うごくメモ帳という前から気になっていたものを見つけました。

さっそくこのアイコンをタッチ…。

こうして初めての絵を描く時がやってきました。

 

まず始めは、定番のうごく線や、ボールなどを描いていました。

 

単純で、今ではすぐに飽きてしまいそうな事だったと思います。

しかし、その時の私は時間も忘れるほどに楽しんでいました。

次はどんな絵を描こう、どんな作品を作ろうか。

その事で頭がいっぱいでした。

 

その後もいろいろな絵を描いて遊びました。

でも、それからしばらくはうごメモに手を出すことはありませんでした。

描くこともなくなり、飽きてしまったのです。

 

こうしてうごメモを離れ、何週間か、何カ月かが過ぎました。

そんなある日、また久しぶりにうごメモをやってみようという気になりました。

DSILLの電源を入れ、あのアイコンを探す、そしてソレをタッチ…。

するとあの軽快な、大好きなサウンドがなりました。

そして絵を描くをタッチ…。

久しぶりに絵を描きました。

そうしてうごメモシアターを見ました。

そこには、前までとは違う、また新しい作品であふれていました。それからは、またお題投稿というものに挑戦してみたり(入賞はしませんでしたが)

リレーメモなどに挑戦してみたりしました。

 

そして、そこで多くのユーザーと知り合いました。

「リレーメモにつながってくれてありがとう。」「友達になりましょう!」

 

あの時から、私の中でのうごメモの第二のブームが来ていました。

それからも、積極的に作品を投稿したりしました。

投稿すると、☆をつけてくれる人や、DLをしてくれる人、コメントをしてくれる人がいて、本当に嬉しかったです。

 

また、ランキングに入ったりした時も、とても嬉しかったです。

お気に入りに入れてくれたり、

「本当にうごメモをやっていてよかった。」

そう思うことが何度もありました。

 

こうして何年かの月日が流れ、その間に何人もの友達と出会うことができました。

 

その間には、誹謗中傷のコメントをされたりという悲しい思い出もありました。

 

しかし、そんな事もあったけれど、うごメモというサイトの中で、本当に多くの事を学び、多くの人に出会うことができました。

 

うごメモがあったからこそ、今の私があるのです。

 

うごメモが無ければ、私は今どうなっていたのか想像もつきません。

うごメモがあったおかげでうごメモの中でも、現実でも友達が増えました。

うごメモという一つのきっかけで、友達が増えました。

この喜びを、うごメモに、どうやって感謝をすれば良いのでしょうか?

本当に、はてな様には感謝しきれません。

 

そしてあの日、DSILLのうごメモが無くなると聞いて、また変なデマが流れているな、と。

そう思いました。

これが本当だなんて信じたくなかったからです。

 

そして、これが本当のことだと言うことを知りました。

とても辛く、悲しく、虚しい…そんな気持ちになりました。

 

それからしばらく経ち、とうとう5月31日…最後の日になりました。

その日、うごメモへの感謝の気持ちを込めながら、うごメモで遊びました。

 

こうして日付が変わり、6月になりました。

DSILLの電源を入れ、かえるのアイコンをタッチ。

そしてうごめもシアターのボタンを押しました。

 

終了したという言葉の現れ。

それを見て、その時やっと”うごメモは本当に終わったんだ”と

実感がわきました。

 

うごメモユーザーの一人として。今回の終了の件はとても悲しく思いました。

初めてやっている時から、ずっと一緒だと思っていたからです。

なので、初めは「なんだよ!」「やめるなよ!」…そう思っていました。

 

しかし、今ははてな様に「今までうごメモを続けて下さってありがとうございます。」「次回作の3DSではどんな新機能がついてくるのか楽しみです。」

という気持ちです。

 

 

 

改めて…

 

はてな様、今まで本当に有難うございました!!

 

 

そして、これからも頑張ってください!